つつじ学園

療育目標

家庭との密接な連携をとりながら、家庭と学園とで一貫した療育を行います。
社会生活への適応性を身につけることを目指します。

(1)基本的生活習慣を身につける

  • 身辺自立(食事・排泄・着脱)に向け、毎日の繰り返しの中で積み重ねていきます。

(2)自発性・社会性の芽生えを育てる

  • 子どもの特性に応じたかかわりの中から、コミュニケーションの力や豊かなこころを育てます。

(3)健康に留意し丈夫な体をつくる

  • 生活リズム(食事・排泄・睡眠)を整えます。
  • 一日の中で活動と休息のバランスを整えます。

療育内容

丈夫な体づくり、基本的な生活習慣の確立、豊かなこころの育成のために、一人ひとりに合った支援を行います。

  • 小人数制での療育
  • 身辺自立への援助
  • 個別機能訓練
  • 食事指導
  • 臨床発達心理士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士による個別指導

相談援助

子どもを育てるのは家庭が基本です。
大切な幼児期にある子どもたちが、今どのような援助を必要としているのか、保護者と一緒に考え、家庭の中で子どもを育てやすいように支援します。

  • 保護者への相談援助(面談・家庭訪問)
  • 栄養相談

健康管理

子どもが健やかに成長するためには、健康が第一です。複数の医師による定期的な健診を行います。

  • 小児科、精神科、歯科による健診
  • 看護師による健康チェック

施設風景

つつじ学園園庭

つつじ学園園庭

つつじ学園指導室

ある1日の流れ
「今日はお弁当を持って、公共バスの乗り物体験を行います。」