レジリエンス

今年は皆さん、よもやよもやの一年だったのではないでしょうか。

日常というのはこうもたやすく一変してしまうのか

ということを痛感した一年でもありました。

 

昨年の今頃、まさか一年後このような状況になっているとは思いも

よらなかったのですが、生きている上では時々こういうことが

起こるのだろうなと、そういう角度から現状を考えていこうと今は思っています。

 

色々難しい状況が続いたこの一年の中で、明るいニュースの一つに、

“茅ヶ崎の星”野口聡一さんが民間宇宙船「クルードラゴン」

に乗って無事ISSに到着したことが挙げられるのではないでしょうか。

 

宇宙好きの私にとってもとても嬉しく、励まされたニュースでした。

どんな状況でも人間やるときはやるんだなーと、

人類の強さをあらためて勝手に感じていました。

 

野口さんの乗ったクルードラゴン1号機には

「レジリエンス」という名前が付けられていましたね。

 

福祉分野でも使われるこの言葉「レジリエンス」は

日本語に訳すと「弾力」とか「回復力」というように訳されていますが、

福祉分野では「失敗やストレスに対する回復力、適応力」

といった意味で使われているように思います。

野口さん達も「コロナの状況から復活していく」

という意味合いでこの名前をつけたようでした。

 

若かりし頃、中学の部活で骨折したのですが、

「骨折した骨はもとの状態よりも頑丈になる」と聞き、

そんなものなのかーと部活ができない悶々とした日々の中思っていました。

今年は世の中全体が痛手を受けた一年だったように思いますが、

来年は困難を乗り越えて、もしくは困難とも前向きに付き合えるような強さを

世の中が身に付けているとよいなと思います。

 

今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします!

  • お問い合わせ
  • ボランティア募集中
  • 広報紙
  • 法人アンケートの結果