季節を感じる!!

新しい年が明け、あっと言う間に1月も月末間近です。

 

今年は、1月20日が大寒。冬の最後を締めくくる約半月が大寒で、

1月20日~2月3日までです。

 

小寒からの厳冬期である寒の内に汲む水を「寒の水」と呼び、

この水を使い仕込んだお酒や味噌、醤油はおいしくなるそうです。

不純物や雑菌が少ない時期であることを、昔の人は経験から知っていたようです。

 

古くからの習わしや先人の知恵は、理にかなっていることが多いですよね。

大寒が終わると春の始まり「立春」を迎えます。

寒さは厳しいですが、春への準備が進む時期です。

 

学園では、習字に福笑い、羽根つき、凧作りに凧あげコマ作り、

カルタなどなど、お正月遊びを満喫しました。

 

 

初めて体験するお子さんは、ドキドキ。

先生の見本を見て「やってみたい!!」という

ワクワクした思いが一杯の表情でした。

(↓必殺、棒付き羽根:羽根を付く体験ができ、

時にはミラクルショットが炸裂します!)

 

 

猛威を振るうコロナに気が抜けず、行動制限が多い日々ですが、

季節毎の日本の伝統行事を大切にして楽しんでゆきたいです。

  • お問い合わせ
  • ボランティア募集中
  • 広報紙
  • つつじ学園の紹介をみる
  • 法人アンケートの結果