つつじ学園

基本方針

児童福祉法の理念に基づき、一人ひとりの児童を尊重し、子どものニーズに寄り添った支援を行う中で、早期療育の定着を図ることにより、基本的生活能力を高め、情緒豊かな人間性を養うことを目指します。

沿革

昭和50年4月1日 茅ヶ崎市の公設・公営として発足
平成5年4月1日 茅ヶ崎市社会福祉事業団が受託運営
平成6年7月1日 心身障害者通園施設を廃止
平成18年4月1日 指定管理者制度導入
平成24年4月1日 児童発達支援センター、児童発達支援事業に移行

開所日

月曜日~金曜日(休日及び1月2日・3日、12月29日~31日を除く)

定員

児童発達支援センター 30名
児童発達支援事業 20名

施設長からの一言

子どもたち一人ひとりがのびのびと生活し、友だちや先生との係わりの中で、自分の「できること」を自分で「やりたいこと」にかえて、生きる力をつけていく楽しい生活の場です。